治療院 セルフケア > 腰痛 > 腰痛の記憶 > 腰痛の記憶その2 ぎっくり腰になって病院でしてくれた事

感じる事・思う事

腰痛の記憶その2 ぎっくり腰になって病院でしてくれた事

腰が痛くて起き上がれない図

 

 

 

 

 

翌朝、何事もなかったように身体を起こそうとしましたが、腰の痛みで全く動かすことが出来ませんでした。

 

やっとの思いで起き上がりましたが、靴下を一人で穿くことが出来ません。
その時点で、事の重大さに気付きました(-_-;)
親に車を出してもらって、やっとのことで病院へ。。

 

随分待たされて、担当は確か若い目の先生だったと思いますが、痛くて曲げられないと
言っているのに検査で腰を曲げる様に強制されて、そこで痛みのあまり声をあげて膝から崩れ落ちました。

 

激しい腰痛で動けない男性

 

更に痛みが悪化しましたが、謝罪はなく淡々としたものでした。特に説明はなく、湿布と安静を指示され終わり。

 

移動するのも一苦労で病院来たのに、改善するどころか更に悪化し、その医者のに対して憤慨した記憶だけが残っています。

 

 

 

 

首をかしげている医者


今となっては、そのお医者さんが一方的に悪いと思う事はなくなりました。どれだけ痛くてもレントゲンやMRIでの画像診断上、特に異常が認められないことが殆どだからです。
ここ数年、よく耳にする非特異性腰痛というのがこれに当たります。
一部の医療関係者・機関は、従来のやり方を変えようと奮闘されていますが、自分の体験とよく似たような話を今もよく耳にしますので、一般的な対処としてはそう変わっていません。
医療はどんどん進化していますが、腰痛に関してはここ十数年であまり変わっていないのが実情です。(これから変わろうとしている最中)

つづく
腰痛の記憶その3 腰痛の始まり~国民生活基礎調査で分かる事~

お問い合わせContact

お名前
メールアドレス
メールアドレス
再入力
連絡先
お問合せ内容
お電話でのお問い合わせ

090-9162-8908

暫く繋がらない場合もございますので、お急ぎの方は留守番電話に伝言頂くか、左記フォームからお問い合わせ頂けます様、宜しくお願い致します。

このページのトップへ