治療院 セルフケア > 腰痛 > 腰痛の記憶 > 腰痛の記憶その1 僕が腰痛になった経緯

腰痛

腰痛の記憶その1 僕が腰痛になった経緯

大きすぎたクラッキングの代償

子どもの頃は、特に腰痛を感じた記憶はありませんでした。
高校を卒業し浪人生となり、机に座りっぱなしの時間と体重が増えていった頃の事です。
その頃体重は80kg前後だったでしょうか。
高校卒業時はだいたい65kg くらいだったと思うので、15kg 位増加していました。
春先に、「そろそろなまった体を動かしていこうか!」と家できつい目の柔軟をしていた時です。

頑張って柔軟している男性

 


今となってはしていませんが、当時、よく骨を鳴らす癖がありました。
ビートたけしのモノマネの様に首を勢いよく傾けて音を鳴らしたり、指の関節を鳴らしたり・・・。男子なら、多少思い当たる人も居ると思います。
その時は、開脚して腰を回旋させるストレッチをしていました。
あと少しで、ポキッッ-☆ と大きな音が出せそうな期待感があり、鳴りそうで鳴らない状態が続いていたため、一瞬の快感を求めて思い切り勢いをつけて腰を回しました。

「ゴキャッッ (ー_ー)!!」

 

放心している男性

 


斬新な音と共に、腰全体に違和感を感じました。 

「……やってもた。。」

 

 

それまで感じたことのない痛みが腰を中心に走り、全く動かせません。。。

ふて寝している男性


寝る前の出来事であったので、ほとばしる悪い予感を無かったことにしたい一心で、そのままふて寝しました。

 (続き)
腰痛の記憶その2 ぎっくり腰になって病院でしてくれた事

お問い合わせContact

お名前
メールアドレス
メールアドレス
再入力
連絡先
お問合せ内容
お電話でのお問い合わせ

090-9162-8908

暫く繋がらない場合もございますので、お急ぎの方は留守番電話に伝言頂くか、左記フォームからお問い合わせ頂けます様、宜しくお願い致します。

このページのトップへ