治療院 セルフケア > マッケンジー法 補足説明

マッケンジー法 補足説明

勿論、マッケンジー法も万能ではなく、適用外であったり効果がでにくい方もいらっしゃいます。様々な診断法の、切り口の一つと考えて頂ければ分かり易いかもしれません。
例えば、食べ物が悪くなっていないかの判断も色々あります。

・視覚(見た目の異常・色の変化・形が崩れている)
・嗅覚(変な匂いがする)
・触覚(腐敗で柔らかくなっている)
・科学的分析(採取して成分を調査)
・味覚(実際食べてみて味で判断)等。

身体についても、一つの視点からでは原因が見えてこない場合があります。症状が出ている部位が原因でなかったり、違う角度から症状を見直す事で見つけられる事があります。
動くことから起こる反応を基に、自ら身体を改善させていくという考え方がマッケンジー法です。

 

オリンピックの金メダリストで世界最速の男、ウサイン・ボルト選手が側弯症で、体幹が大きく偏っているもの有名な話です。
必ずしも「見た目、カタチの異常=痛み」ではないのですが、誰の目にも分かりやすくて、それにとって替わる納得できる原因がないため「歪み」が犯人にされているケースが多いと感じています。

背中の曲がった高齢の方全てに腰痛がある訳ではありませんし、背中が曲がっているだけで若者よりも元気なご老人も沢山います。しわやほくろ、白髪があっても、それは病気ではないのと同じではないでしょうか。

近年研究が進み、脳(心)による社会心理的要因が痛みに大きく関わっていることが解明されていますが、結論として腰痛を初めとする慢性痛のメカニズムははっきりと解明されておらず推測の域を出ていません。その事実を受け止め、解剖学的な考えや構造の異常に囚われず、視点を変えた評価方法の一つとしてマッケンジー法が存在します。

お問い合わせContact

お名前
メールアドレス
メールアドレス
再入力
連絡先
お問合せ内容
お電話でのお問い合わせ

090-9162-8908

暫く繋がらない場合もございますので、お急ぎの方は留守番電話に伝言頂くか、左記フォームからお問い合わせ頂けます様、宜しくお願い致します。

このページのトップへ