治療院 セルフケア > ガイドライン > 出張訪問~くしゃみからのぎっくり腰とその後~

ガイドライン

出張訪問~くしゃみからのぎっくり腰とその後~

     

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の朝、知人から「ぎっくり腰で動けなくなった」とのメッセージ。
お邪魔すると、前のめりに倒れたボクサー状態で動けず。。

 

朝、家事をしながらくしゃみをした時になった!との事で、
・手を動かしたり、頭の向きを変えるだけでも腰部に響いて動かせない。
・今回が初めてのぎっくり腰。健康状態は良好で過去に大きなけがはない。
・痛みはとにかく腰で痺れはない(痛すぎてよくわからない)。
・動かすと痛い。時間と共にほんの少しマシになってきた。

 

痛みの場所を確認し、とりあえず急性期の痛みが少し和らぐまで15分おきに
インターバルを取りながらアイシングを実施しました。
場所が思っていたより上部で、左の12番肋骨付近。
少し気になりましたが、内臓由来や骨折ではなさそうなので
アイシングをしながら問診を続けます。

問診の内容と症状から、通常よく見られる椎間板の中身(髄核)が
後方に変位して神経に触れていると仮定して反応をみていきました。

まず、うつ伏せ寝の状態から、少しずつ、少しずつ、
痛みの変化を確認しながら伸展位にさせていきました。
おなかの下にクッションを入れ、上体のみ肘で
支えるような体勢を維持し、またゆっくりと時間をかけて
うつ伏せになる事を数回繰り返します。
痛みを伴うので、時間をかけてゆっくりと行いました。

 

 

 

 

← こんな感じです。

 

 

 

一昔前は、ぎっくり腰(急性腰痛)は“絶対安静”というのが常識でしたが、
それは過去の話です。なった直後は動く必要はありませんが(動けませんし)
時間が経ち、動けない状態を脱したら、日常生活は動ける範囲で動く方が
予後良好ということが立証されています。

 

そうこうしている内に、昼過ぎには何とか座って食事ができる様になりました。

なった直後はあまりの痛みに気が動転したり、仕事や今後の予定を
考えて絶望的な気分になったりもしますが、一旦時間をかけて
今の状態を受け入れる事も大事です。

 

今後、時間と共に回復する事と、初めてのぎっくり腰だという事で
幾つか注意点をお伝えしました。

・朝起きて直ぐの動作について。屈曲時の姿勢や身体の起こし方のコツ
・椎間板のメカニズム
・くしゃみの時の姿勢

 

幸い、その方は3日にはほぼ普段の生活が出来る様に回復されていました。


ぎっくり腰は英語で、witch’s shot (魔女の一撃) 
と言うそうです。

 

 

 

 

なった人しかわからないあの苦しみ・・・。でも、喉元過ぎれば何とやら。
無くした時にしかわからない健康のありがたさ。
改めて自分も、普段忘れがちになる予防の大切さを感じた一日でした。

お問い合わせContact

お名前
メールアドレス
メールアドレス
再入力
連絡先
お問合せ内容
お電話でのお問い合わせ

090-9162-8908

暫く繋がらない場合もございますので、お急ぎの方は留守番電話に伝言頂くか、左記フォームからお問い合わせ頂けます様、宜しくお願い致します。

このページのトップへ